このページでは韓国人である妻が日本で暮らすための手続きと体験談をご紹介します

韓国領事館で居住用パスポートを作る

必要な書類
  • 写真(カラー3.5*4.5)4枚
  • 韓国戸籍謄本(2年以内) 3通  除籍してないもの
  • 住民登録謄本(韓国)1通
  • 配偶者の住民票、戸籍謄本 各1通
  • 外国人登録済証明書 2通
  • パスポートのコピー(写真欄、VISA欄) 1枚ずつ
  • 印鑑(本名)
  • 国民登録済み証明書 2通
 メモ

 日本に居住する時は韓国で発行した一般用のパスポートは居住用のパスポートに変更しなくてはなりません。その時、まず領事館で国民登録をします。パスポートが出来るまで1ヶ月くらいかかります。

駐大阪
韓国領事館

代表電話 : 06-6213-1401/5
代表FAX : 06-6213-0151
業務時間外緊急電話 : 090-5676-5340, 090-3050-0746
大阪市中央区西心斎橋2-3-4
勤務時間 :月〜金 09〜17時
最寄り駅:地下鉄御堂筋線「難波」25番出口

韓国領事館で国民登録をしよう  

必要な書類
  • 写真(カラー3.5*4.5)2枚
  • 韓国戸籍謄本(2年以内) 1通  除籍してないもの
  • 外国人登録済証明書 1通
  • パスポートのコピー(写真欄、VISA欄) 1枚ずつ
  • 印鑑(本名)
メモ

国民登録は外国で暮らす韓国人がしなければならないもので、登録には手数料ががかかります。 でも韓国の空港利用するときにかかる空港税が在外韓国人の場合は安くなるなどの利点もあります。

入国管理局で在留期限の更新

必要書類
  • 申込書
  • 身元保証書
  • 夫の戸籍謄本
  • 夫の住民票
  • 夫の在職証明書
  • 夫の源泉徴収票または府民税課税証明書(納税証明書)
    (扶養控除あるのが良い、前年度の収入が記載されているもの)
  • 夫の健康保険証の原本とコピー(?)
 メモ

申請は在留期間が切れる2ヶ月前からできます。在留期間の申請は1年と3年があります。(初年度は1年のみ)郵送でも受け付けてもらえますが、書類の不備などをその場でチェックできるので自分で管理局に提出したほうがいいです。私は郵送した書類に不備があって、そのまま局内で放置されたことがあります。

また在留期間3年の申請は時間がかかるといわれたのですが、試しで申し込んでみると2週間くらいで更新できました。

大阪入国管理局

〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-1-17大阪第2法務合同庁舎内
Tel 06-6941-0771
最寄り駅:天満橋(京阪線、谷町線)