「チョナン・カン」を見て韓国語勉強に勇気を得た夫

 関西テレビの深夜番組「チョナン・カン」をみてびっくり!あんなに上手に韓国語がしゃべれる草なぎ剛がとても立派に見えました。ちゃんと発音もあってるし会話もできるアイドルスターってすごいです。一気にファンになってしまいました。韓国のスターも日本に来たら面白そうですね。

 韓国人妻をもって5年も経ってる我が夫は少し反省気味でした。多分日本語が上手な私のせいもあるでしょう。韓国語と日本語は文法が同じなので単語だけ覚えれば話せるはず! 草なぎ剛から勇気を得た夫がこれから楽しみです。

 実は先週から我が家では日常会話を韓国語で行うことにしました。私が韓国語で話をし意味を説明しながら韓国語を覚える作戦です。おかげで娘も韓国語を一つずつ覚えています。これからその成果を時々報告します。

(2001.7.16)

夫に掛かってきた韓国からの間違い電話

 数日前夫のPHSに「ヨボセヨ」って韓国語で電話かかかってきました。夫も思わず「ヨボセヨ」と返事をしたら相手が韓国語で話を始めたので夫はビックリ!

 実は私の夫は韓国語が話せません。いくつかの単語を知っているだけで会話など全然だめ。夫は仕方なく英語で日本人であることを告げると相手もビックリしたらしく英語で間違ったと謝ったそうです。帰ってきた夫は「韓国人奥さんを持っているからこんなこともあるんだな!」って笑いました。これをきっかけに韓国語を覚えてくれたらいいのにと妻は思いました。

(2001.3.9)

韓国の大学入試は飛行機も飛べない?

 韓国では大学入試科目のの英語や外国語等の聞き取りテスト中は飛行機の離着陸が完全に禁止され飛べません。また試験場の周辺での自動車のクラクションも禁止されます。列車のスピードも区間によって制限するなど国を挙げていろんな措置をとります。理由はテストは全国同時にラジオの教育放送を使うので、みんな同じ条件で受験させるためです。

(2001.01.31)

韓国の大学入試の日、パトカーも受験生を運ぶ

 試験は毎年12月中旬の平日に行われるため、政府は受験生が試験場に遅れないようにいろんな措置をとっています。試験場になる学校は休みになり、公務員、会社員(一部)の出勤時間が1時間遅れます。またパトカーも受験生を運ぶなど受験生にはみんな気を使います。私の妹もパトカーのお世話になりました。

(2001.01.31)

大学入試の日、大学校門に水あめを一杯くっつける

 韓国では水あめやおもちが日本の豚カツのように縁起を担ぐものとして知られています。それは水あめやおもちがくっつく力が強いからです。それで親戚 や知りあいは願いを込めて縁起物をあげます。試験当日は試験場の前に先輩、後輩達がコーヒーや水あめ、おもち等を配りながら受験生を励まします。また母親たちは水あめを校門に落ちないようにしっかり貼り付けて合格するように祈ります。

(2001.01.31)

韓国では中学も高校も受験なし

 韓国では高校まで日本みたいなお受験がありません。学校はみんな同じレベルになるように共通 試験の得点をもって地域の校区内で割り振られます。ただし、特殊な目的を持つ高校(商業、工業、技術関係)は受験して入れます。そのために良い校区にわざと引っ越しする家もあります。うちの場合、私たち5人姉妹は光州で高校を出ておりますが、学校がすべて違います。当たり前のように制服もカトリック系、ミッション系、新設の女子高など5種類あります。だから大学入試は大変なことになったと思います。

(2001.01.31)

韓国の干支にぶた年がある

韓国には干支に「豚年」がある。これはトリビアのネタになるかも知れないと友達と大笑いした。韓国も同じ12干支があるが、イノシシ年は韓国では豚年ということ。韓国では年齢を聞くとき、直接聞かず干支を聞くことが多いが、豚年はいいづらそうだった。でも韓国では「豚」は子たくさん、幸せのよい意味で使われる場合が多く、「豚」の夢を見ると必ず宝くじを買う習慣し、貯金箱も可愛い豚さんが多い。イノシシ年の皆さん!韓国に行けば「ぶた年」ですよ。

(2004.09.30)

韓国の男性と兵役、そして彼女

韓国で男子は成人になると軍隊に行くのは国民の義務です。身体検査をし等級によって免除されたり兵役先や期間が決まります。18歳から28歳までの一番若き時になるのでいきたがらない人もたくさんいます。大学生の場合は大抵1〜2年生でいくことが多いです。
それから兵役中の大きな問題は彼女。最初は一生懸命に恋人の軍隊に面会に行っていた彼女がいつの間にか心変わりしてしまうことです。軍隊に入ると自由に会えない、電話もできない。給料もとても安いので面会時の差し入れやデートの費用など彼女が負担したりするのでいつの間にか別れてしまうケースも多いです。それで脱走する人も時々います。
そんなこんなで数年前からアメリカやカナダなど英語圏の国で子供を出産ことも多くなりました。国籍も取得し、将来留学も考えてのことです。韓国では社会問題になっています。